期待を手放し、信じる

  • 2018.08.09 Thursday
  • 22:59

7月下旬に行われた2018磐田U12国際サッカー大会を初優勝しました!

とっても楽しい選手達の成長のおかげで、優勝監督となりました。本当に子ども達に感謝しています。


ここからしばらくは、この大会4日間と練習試合2回、合わせて6日間で県西部地区選抜チームを率いた際に、自分が子ども達とことの大会でメンタル面に効果があったと思われる仕掛けをお伝えします。


まずは、この監督を引き受ける時に優勝するんじゃないかという予感がありました。

ただ単にそんな気がしたレベルですが。ww


ただ自分は優勝しようとは思いませんでした。

いつも子ども達にも言うように、結果は自分ではコントロール出来ないから。

この大会4日間で子ども達が楽しく大きく成長して、尚且つ自分自身も楽しく指導者として成長したいと思っていました。


この選抜された子ども達、ほとんど初対面。

そんな監督のいう事なんて信用できないよね。


なのでまずは「知ってもらう事」から始めました。

最初の練習試合の日には、選手達に名前を聞いて、

「監督の永田です。よろしく!!」

と言って、握手しました。

その後も毎回、挨拶&握手を続けました。

これにはスキンシップによる親近感を高める効果があると信じて続けました。

試合前も、試合後もとにかく握手、またはハイタッチで子ども達とのスキンシップを続けました。

初めはドキドキの選手達も、最終日には当たり前の光景になりました。


選抜チームですから、選手達の能力も高いんです。そこにも期待するのではなく、選手達が成長する事を信じていました。


試合中には選手達には様々な決断する場面があります。その決断は、どんな決断であれ、必ずその人なりの成長があるはずです。

たとえ、その決断がミスであっても。

ミスから学ぶ事があるはずです。


そんな結果に期待する事をやめ、成長する事を信じて臨んだ大会でした。

自分の想像以上に選手達が成長したのは本当に驚きでした。


やはりコーチとプレイヤーとの信頼関係は大事ですね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM