子どもは大人の鏡

  • 2018.12.13 Thursday
  • 09:41

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる


ドロシー・ロー・ノルトの『子は親の鏡』詩の一部です。

かなり有名になっているので、皆さんも聞いたことがあるでしょう。

詩は続きます。


とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる


不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる


子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる


叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう



子どもだけでなく大人も同じではないでしょうか?今書いているだけでもブルーな気分になります。

続けて、こんな言葉もあります。


励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる


褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ


愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ


認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる



などなど、こちらは書いているだけで、気持ちが上がってきます!

子ども達の心を変えるには、まずは近くの大人の心を変えなければいけません。

自分も指導者として、普段から否定的な言葉を使わず、子ども達を信じて、認めて、褒めらことを意識しています。

そうする事で子ども達が良い方向へ向かっていくと考えています。



コーチみたい!


例えば、サッカーの試合でも、うちのクラブの4年生GKはみんなの事を良く褒めます。

「〇〇いいぞ!ナイスディフェンス!」

失敗しても

「惜しいよ!ドンマイドンマイ!」


それをベンチの子ども達も気づいて、「コーチみたい」と言ってました。

本当にうれしい瞬間ですね。

指導者である私だけでなく、お父さん、お母さん、彼に関わる全ての方々を愛されている子なんだなぁと。


大人が変われば子ども達が変わる。

是非、皆さんも心掛けてみましょう!


子ども達と向き合うには、まずは自分達大人が向き合う。

ただし、完璧である必要はありません。

その向き合う姿勢が子ども達にも伝わり、良い信頼関係を築くことが出来ますから。


もちろん、私も完璧ではありませんし、完璧を目指してはいません。

どうしたら、子ども達がイキイキとするのか?それを出来るだけ考えて行動しています。



いよいよ、迫ってきました。

大人向け講座

「子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニング」

12月16日18:30〜20:00

ゆめりあ会議室

参加費 お一人様3,000円

お友達とペア参加なら、ペアで4,000円

参加お申し込みは、下記のフォームでお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeuyxXs6WSG1F6YGbWqJ9a6kGFSjzriEBww801NBy9E4GjSgA/viewform


NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスター

https://polarstar.jp


わからないも正解!

  • 2018.11.29 Thursday
  • 22:11


ようこそ!まちなかせんせい!

先日、磐田中部小学校にて「ようこそ!まちなかせんせい!」という授業をお手伝いさせていただきました。

地域のいろんな方々が特技を活かしての授業を展開するという企画。芸能人や社長さん、ジャズシンガーなど多岐に渡ります。


私はもちろん、しつもんメンタルトレーニングで子どもたちのやる気や夢を見つけてもらうミニ講座です。

本来なら90分のプログラムなんですが、25分を3コマというレギュレーションなんで、子どもたちには触りの部分だけ体験してもらいました。



答えは全て正解!

25分間でしつもんは3つに絞りました。

いつも通り、答えは全て正解!、わからないも正解!、いいねと受け止める、の3つのルール。

これで子どもたちは本当に楽になるようで、みんないろんな楽しい答えをどんどん出してくれました。



保護者が共感!

この日の学校は参観会。保護者の方も子どもたちの後ろで見学していました。

私のしつもんから、子どもたちが考えて書いている時、保護者の方々も興味深く覗き込んでいたので、

「こちらのシートで、こんなしつもんしています。」

とシートを渡すと、すかさず保護者の皆さんも答えを考え出そうとしていました。

2コマ目の授業が終わったところで、「もっと詳しく知りたいです。」と保護者の方に呼び止められました。

本当に嬉しいことですね。


子どもたちへの声掛けなど、親御さん達はやはり気になるようですね。

もっと広めていくよう頑張ります。


大人向け講座は、

12月16日日曜日

18:30〜20:00磐田スポーツ交流の里ゆめりあ会議室

子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニング


定員は20名。

参加費は、お一人3,000円、ペア参加の場合はお二人で4,000円とお得です。

お申込みは、下記フォームよりお願いします。

https://goo.gl/forms/o7hniz8HSk5usV9F3 


こんな秘訣をお伝えします!

・子どもか自ら行動するしつもん

・前向きな考え方の持ち方

・子どもとなら関係性を高める方法

・行動やアイデアを引き出す効果的なしつもん

・プレッシャーを力に変えるには?

などなど



講座で身につく3つの力

・自発性

・自己肯定感、伝える力

・コミュニケーション力


どなたでも参加出来ます。

特にお子さんにやる気を持ってもらいたい保護者の方や、指導者の方にオススメです。


参加申込は、下記フォームにてお願いします。

https://goo.gl/forms/o7hniz8HSk5usV9F3 


会場のキャパシティの関係で定員は20名となっています。お申込みは、お早めに。



NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスター HP

https://polarstar.jp 

ポーラスタースクールコーチのブログ

https://blog.goo.ne.jp/fc-polarstar


【告知】大人向け講座のお知らせ

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 16:19


子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニング

2018年12月16日日曜日18:15受付18:30〜20:00

磐田スポーツ交流の里ゆめりあ2F会議室にて「子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニング」を開催します。

こちらは、大人向けの講座になります。

定員は20名。

参加費は、お一人3,000円、ペア参加の場合はお二人で4,000円とお得です。

お申込みは、下記フォームよりお願いします。

https://goo.gl/forms/o7hniz8HSk5usV9F3 



こんな秘訣をお伝えします!

・子どもか自ら行動するしつもん

・前向きな考え方の持ち方

・子どもとなら関係性を高める方法

・行動やアイデアを引き出す効果的なしつもん

・プレッシャーを力に変えるには?

などなど



講座で身につく3つの力

・自発性

・自己肯定感、伝える力

・コミュニケーション力


どなたでも参加出来ます。

特にお子さんにやる気を持ってもらいたい保護者の方や、指導者の方にオススメです。


参加申込は、下記フォームにてお願いします。

https://goo.gl/forms/o7hniz8HSk5usV9F3 


会場のキャパシティの関係で定員は20名となっています。お申込みは、お早めに。



NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスター HP

https://polarstar.jp 

ポーラスタースクールコーチのブログ

https://blog.goo.ne.jp/fc-polarstar

自分でモチベーションを高めよう!

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 20:47

最近上手くいっていること


自分自身、最近は、しつもんメンタルトレーニングの講座依頼など仕事面では上手くいってる感じです。

運動あそびの研修会などで、いろんな方と繋がりが出来たことも上手くいってるところですね。


人間はとかく出来ない部分が気になりますよね。

あれが、出来ない。これがまだまだ。


反省会よりも振り返り


自分自身でも出来ないな〜って思うことを反省会などで、人から言われたりすると、かなり凹んだり、下手をすると腹が立ったりすることもありますよね。


ダメ出しばかりしてしまう反省会よりも、上手くいったことを振り返り、モチベーションを高めて、次へのチャレンジにしていくほうが、より効果的ではないでしょうか。


あなたは、最近上手くいっていることは何ですか?

保健体育科合同研修会

  • 2018.10.22 Monday
  • 17:33

10月19日金曜日

磐田・袋井・森地区 保健体育科合同研修会

地域の体育教員39名の方々に「子どものやる気を引き出すしつもんメンタルトレーニング」の講座を開催しました。

15:00〜16:00の60分という通常よりも短い時間の中で、受講者の皆さんにどんな気づきをしてもらえるか?を考え準備してきました。

ベテラン先生から若い先生まで、講座中は終始笑顔て非常に楽しそうに、また真剣にとか組んでくれました。

特に若い先生は、ワークシートの隅っこに丁寧にメモを取っていたのを見て、さすが先生達の向上心はすごいな〜って思いました。


事前の打ち合わせで、現在の生徒達に対する先生方の悩みなどいろいろ聴かせていただき、

・前向きな考え方の持ち方

・行動やアイディアを引き出す効果的なしつもん

・プレッシャーを力に変えるためには?

以上3点に絞ってワークシートを使った体験をしていただきました。

こちらの詳しい内容は次回以降に譲るとして、今回の講座の感想も皆さんしっかり書いていただいて、本当に感謝しています。


感想の中には、

「体育や部活動だけでなく、普段の学校生活そのものに活かせる」

「道徳の授業や生徒指導にも活用できそうで、早速試していきたい」

「今後、部活動はもちろん、保護者向けの懇談会などでもやってもらいたい」

など、様々なご意見をいただきました。

本当にありがとうございます。


自分自身も今回の講座開催により、さらにたくさんの大人にも伝えていきたいとモチベーションが上がりました。


今回の講座は、自分自身のやる気も引き出すしつもんメンタルトレーニングとなりました。


12月以降に一般参加の講座開催を予定しています。興味のある方は、是非参加してみてください!!

講座依頼がありました

  • 2018.10.15 Monday
  • 08:57

しつもんメンタルトレーニングインストラクターnagadonaこと永田です。


先日、講座の依頼を受けまして、その打合せに中学校を訪問しました。

ご依頼は、10月19日金曜日14:00〜15:00磐田市、袋井市内の中学校体育教員30名が対象の研修会です。

お話を伺うと少し前の子ども達と最近の子ども達との違い

変化に対応が難しいと感じてる様子でした。


「チャレンジすることが苦手」「精神的に弱い」「もっとたくましくなってほしい」「褒めるのは簡単だけど、それだけで本当に良いのか?」

先生方の悩みは尽きないようでした。


普段の学校生活や部活動でも、子ども達自身から意欲を感じられないようです。


学校の先生達が子ども達が自主的にスポーツを楽しめるようになってほしいと願っているということ。

これは、是非ともお役に立ちたいと思い喜んでこの依頼をお受けしました。


・前向きな考え方の持ち方

・行動やアイディアを引き出す効果的なしつもん

・プレッシャーを力に変えるには?


この辺りを中心に先生方に良い気づきや子ども達のヤル気を引き出すヒントになれば嬉しいですね。


地元の先生方の力になれるよう、楽しみに準備しています。

またこちらで報告します。


逃げ道をつくっておく

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 22:35

逃げ道をつくっておく

今回も国際大会でのお話。

この「逃げ道をつくっておく」事に関しては賛否あるのでしょうけど。

私は子ども達相手には、ある程度の逃げ道を用意してあげます。


この大会においては、海外の強豪やJ下部組織が相手なので、全ての試合が身体的にも精神的にも厳しい戦いになると予想していました。特に暑いシーズンですから、消耗は激しいです。

そこで、私は子ども達に

「苦しい時、自分の体勢が厳しいな〜、と思ったら、タッチへボールを逃して良いよ。」

と事前に言っておきました。


続けて、こう付け加えました。

「その後は、スローインのボールを奪うようにすぐに切替えよう!」


サッカーの試合では自分達がタッチライン(横のライン)から外に出したら、相手ボールのスローインになります。

一見、不利に見えますが、スローインの時は数的有利で奪う確率は上がります。



安心感からチャレンジが増える

確かに、相手のプレッシャーから逃げて、闇雲に蹴ってしまうのは良くないでしょう。

しかし、はじめからタッチへボールを逃す選択肢を持っておくことで、子ども達は簡単に逃げる事なく、前を向くチャレンジをたくさんしていましたし、ボールを失いそうな場面で的確にタッチへ逃して相手の流れを切ることをしてくれました。


やはり、常にいっぱいいっぱいでプレーすると選択肢は狭くなってしまいます。


人生でも同じことが言えそうですね。

心にいつも逃げ道や戻る場所があるほうが、失敗に対する怖さも減り、チャレンジする事が出来るのではないでしょうか?


あなたには、安心する逃げ道はありますか?

ミスしても止まらない

  • 2018.08.13 Monday
  • 14:48


ミスしても動き続けよう!

2018磐田U12国際サッカー大会において、監督を務めた私と選手である子ども達と一緒に戦っていくために、いくつかの合言葉を提示しました。

それはサッカーのプレーに関することでもあるけども、子ども達の心を軽くし、のびのびと全力でプレーして出来る環境にしてあげたかったからです。


その一つが「ミスしても止まらない!ミスしても動き続けよう!!」です。

これは私にとっては1番大事なチームコンセプトと言えるでしょう。


“サッカーはミスのスポーツ”とも言われます。

ミスをするから状況が変わり、ミスをする事で失点もするし、ミスのおかげでゴール出来ることもあります。

誰だってはじめからミスしようとしてプレーする人はいないはずです。誰もがミスをする可能性があるのです。



なぜミスすると止まるのか?

皆さんにも経験があるでしょう。

スポーツに限らず、ミスをしたら「あっ」と言って止まってしまう、はたまた「あーっ!」と言って右往左往してしまう事、ありますよね。


それはなぜでしょう?


「恥ずかしい…」という気持ち

あるいはスポーツでは、

「監督に怒られる…」

「仲間に非難される…」

そんなミスはダメな事、という思考があるからではないでしょうか?


人間はどうしても欠けている部分、出来ていない部分を気にしてしまいます。

しかし、全て出来ないのではなく、出来ない部分があるだけで、その他の多くは出来る事であったりします。

ほとんどの場合、割合でいったら出来る事の方が多いのではないでしょうか?

出来ない事に心を奪われるより、出来る事に目を向けた方が楽しいですよね。


だから、

「ミスしても大丈夫!みんなミスはするのだから気にせず、ミスしたと気づいたら、次の行動に移そう!」

練習試合含め全ての試合にこのような言葉かけで子ども達を送り出しました。



素早く次の行動に移す

子ども達は非常に真摯にこの言葉を受け止めてくれて、ミスを気にせず、チャレンジして、ミスしたと気づいた時にはすぐに次の行動に移しました。


すると、この行動がサッカーのプレーにおいて勝利するための大事なプレーとして成長していきました。

それは、攻守の切替が格段に早くなった事です。

自分のパスミスだと判ると、すぐに相手からボールを奪いにいくため、すぐにまた奪い返します。試合を重ねると、自分自身のミスだけでなく、仲間のミスにも他のプレーヤーが素早く反応して囲い込むようなプレーにまで成長しました。

当然、このことは子ども達が各チームなどで日頃から良い指導を受け、質の高いゲームを繰り返ししている賜物であることは間違いないです。


私にとっては、このちょっとした言葉掛けで子ども達の能力を引き出すお役に立てたかな?と思い、うれしいですね。

私自身、攻守の切替を早くしようとは、ほとんど言ってないと思います。

自信を持ってプレー出来るように声掛けして、子ども達に任せれば、こんな風にどんどん成長するんだなぁ〜って改めて感じました。



NPO法人スポーツコミュニティ磐田・ポーラスターのHP

http://polarstar.jp

ポーラスタースクールコーチのブログ

https://blog.goo.ne.jp/fc-polarstar


期待を手放し、信じる

  • 2018.08.09 Thursday
  • 22:59

7月下旬に行われた2018磐田U12国際サッカー大会を初優勝しました!

とっても楽しい選手達の成長のおかげで、優勝監督となりました。本当に子ども達に感謝しています。


ここからしばらくは、この大会4日間と練習試合2回、合わせて6日間で県西部地区選抜チームを率いた際に、自分が子ども達とことの大会でメンタル面に効果があったと思われる仕掛けをお伝えします。


まずは、この監督を引き受ける時に優勝するんじゃないかという予感がありました。

ただ単にそんな気がしたレベルですが。ww


ただ自分は優勝しようとは思いませんでした。

いつも子ども達にも言うように、結果は自分ではコントロール出来ないから。

この大会4日間で子ども達が楽しく大きく成長して、尚且つ自分自身も楽しく指導者として成長したいと思っていました。


この選抜された子ども達、ほとんど初対面。

そんな監督のいう事なんて信用できないよね。


なのでまずは「知ってもらう事」から始めました。

最初の練習試合の日には、選手達に名前を聞いて、

「監督の永田です。よろしく!!」

と言って、握手しました。

その後も毎回、挨拶&握手を続けました。

これにはスキンシップによる親近感を高める効果があると信じて続けました。

試合前も、試合後もとにかく握手、またはハイタッチで子ども達とのスキンシップを続けました。

初めはドキドキの選手達も、最終日には当たり前の光景になりました。


選抜チームですから、選手達の能力も高いんです。そこにも期待するのではなく、選手達が成長する事を信じていました。


試合中には選手達には様々な決断する場面があります。その決断は、どんな決断であれ、必ずその人なりの成長があるはずです。

たとえ、その決断がミスであっても。

ミスから学ぶ事があるはずです。


そんな結果に期待する事をやめ、成長する事を信じて臨んだ大会でした。

自分の想像以上に選手達が成長したのは本当に驚きでした。


やはりコーチとプレイヤーとの信頼関係は大事ですね。

気持ちは最初

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 18:40

サッカーコーチをしていますと、ベンチでこども達の試合を観ています。


こども達の表情などから、プレー中の気持ちを想像することもあります。


比較的黙ってベンチにいる時は、隣のベンチの声がよく聞こえます。要は相手チームなんですが、最近聞いていて、疑問に思った言葉は、

「最後は気持ちだぞ!」

というコーチの声。


よく耳にすると思います。

自分も昔は言っていたような…。ww


今の自分の感覚では、

「気持ちが最初にある」ということ。


例えば、「サッカーやりたい!」とか、

「この試合勝ちたい!」とか。

気持ちは試合やる前に沸き起こるのでは?


すごいプレーしたい、勝ちたい、って気持ちを、最後にはどうやって表現するか?

どうやってプレーするのか?

どうやったら勝てるのか?

手段や方法を考え、それに見合う技術を選んで決断する。


行動を起こすために気持ちが必要であって、それは最初にきて、最後は決断する勇気が必要なのかもしれない。


最近のベンチでは、いろんな声からいろんな事考えています。


決断する勇気を持つために、最初の気持ちを大きく膨らませてあげたい。


そんな気持ちになりました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM